リンパマッサージは浮腫は取れるが、脂肪は落ちないの?

リンパマッサージは浮腫は取れるが、脂肪は落ちないの? リンパマッサージはリンパ液の流れを良くするために行うものです。
リンパには細胞の活動によって発生する老廃物を流す役割があります。
そしてリンパ節というフィルターの役割をする箇所があり、そこで細菌などをからめ取っています。
このリンパ節の詰まりが浮腫や体のコリなど不調の原因となっています。
リンパマッサージはリンパ節の詰まりを解消し、リンパ液が正常に流れるようにします。
老廃物の排出が適切に行われるので小顔になったり、すっきりとした見た目になりますが脂肪を燃焼させているわけではないのでリンパマッサージはダイエットとは違います。
またリンパマッサージは対処療法にしかならず、しばらくするとまた諸症状が現れます。
そのたびに行えばよいのですが別に原因が存在することがあります。
命に関わる病気につながることもあるので、頻繁に症状が出るのであれば病院に行って検査をしてもらい、原因を突き止めることが必要になってきます。

リンパマッサージに良いとされる手順

リンパマッサージに良いとされる手順 運動不足や毎日の生活の中で身体の中の血流が悪くなることで、水分や老廃物が蓄積されてむくみやセルライトとして身体にあらわれてきます。
これらの症状を改善するために効果的なのがリンパマッサージですが、間違った方法で行うとその効果を十分に得ることができません。
正しく効果的にリンパマッサージを行うためには、身体のリンパ節をしって正しい手順で行うことが大切です。
まず最初に、溜まった不要なものを押し出すためにゆっくりと指の腹で押し出していきます。
次に手のひらで揉みほぐして柔らかくしていきます。
揉みほぐした部分の老廃物をリンパ節に向かって流していきます。
この時、滑りをよくするためにクリームやオイルなどをしようすると流れやすくなります。
最後に、老廃物が溜まったリンパ節を押して老廃物を出口まで押し出しておきます。
リンパマッサージは、身体があたたまってる入浴中や入浴後などに行うと、より効果的です。
マッサージした後は、水分をしっかり取ることで老廃物がより流れやすくなります。

新着情報

◎2018/4/3

どんなお店で受けられるの?
の情報を更新しました。

◎2018/1/9

いつ行なうのが最も効果的?
の情報を更新しました。

◎2017/11/9

アレルギー体質が軽減?
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイトを公開しました

「リンパ 脂肪」
に関連するツイート
Twitter

整形外科医「アルブミンは多い、CPK異常なし、リンパは正常、好中球もちゃんとある…」 俺「じゃあ正常ってことですね」 医者「γGTPとLDLが高い。酒好きか?脂肪肝だなこりゃ」 俺「正解ですがここで指摘されますか」

リンパ液は無色かわずかに黄色味を帯びた透明な液体であるが、腸に直結するリンパ管(乳糜管)を通って流れてくるリンパ液のみは、とくに摂食後は脂肪の吸収により乳白色を呈している。

Twitter実動技1級 bot2@TLA1kyu2

返信 リツイート 昨日 18:16

小腸で吸収された脂肪リンパ管に入るため、この部位のリンパ液は白濁しているんだよ。

Twitter疾病の成り立ちbot@jintaibot2

返信 リツイート 昨日 17:43

返信先:@dr3d1i0ESkCzfVB 最近、リンパマッサージとか行くんだけど、トレーナーさんともみんな言うのが『白米食べろ』です。 すでに筋肉量が多い人は、たんぱく質とかだけど、女性は特に筋肉出来にくいから、ちゃんと食べて運動しないと脂肪より筋肉が先に減っちゃうんだって。気をつけて下さいね~😆 私は、グルテンフリー中😤

返信先:@kopichan_ 脂肪は膵液のリパーゼで分解!リンパ管へ!(消化器復習)

血液成分の約55%が血漿で約45%が血球(赤血球・白血球・リンパ球・血小板等)です。 血漿成分の約90%が水分、約7%が蛋白質、脂肪、糖、無機塩類、その他の成分で構成されています。 血球には、赤血球・白血球・血小板・リンパ球・好中球・好酸球・好塩基球・単球で構成されています。

昨日教わったこと ・セルライトが多いためこのまま痩せると皮が伸びてしまう。リンパマッサージ必須 ・常温の水を一日最低1.5L飲む ・褐色脂肪細胞が密集してる背部を鍛える。

美容はエセ医学多いけど、儲かるよなぁ。見てて自分も悪魔に魂売りそうになるくらいですよほんと。 マッサージで、 脂肪を今リンパに流してる  とか 今話題の血液クレンジング  とか

Twitter🐷コウ🎨歯医者兼イラストレーター🐷🦷@fujishimakou

返信 リツイート 昨日 9:44

血液の中で練られていたチヌ第一物質が速水克彦の脂肪分によって分解され、タイロミンとデジタミンに分かれるのだ。一方、デターミントはリンパ液に結合して、カチルダ酸とノバ粘液とサルマドンとマグールトドータミンを作り出す。

返信先:@ShikakuKaku 薬もらいましたか? 脂肪腫(?)は風邪と関係なく普通痛くないらしいので(神経を圧迫してると痛い) 風邪っぽく、触って痛いならリンパ節炎かも?? 菌やウイルスが入ると腫れるらしいです。(熱が出ない事もあります) 耳の後ろの腫れは耳鼻科が良いみたい。 このまま治る事祈ってます!^^🍀